夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳
夢助版画
柏「つくしが丘cafe 夢助アートサロン」

    私のいつもの散歩道に「つくしが丘カフェ」という小さな洒落た喫茶店があります。
    赤い薔薇の横に、赤色のしゃれたデザインの看板で、思わず入ってみたくなるカフェです。

     つくしが丘01

つくしが丘カフェの入口
 
    入口のドアも同じ赤を基調にしたデザインで統一してあります。
    深みのある赤色のサインがとてもモダーンな感じがします。

     つくしが丘02

     前庭には大きなグリーン色のパラソルがあり、お店は10人も入れば満席という
     小さなカフェで、心地よいBGMが流れる癒しの空間で、美味しいコーピーは時間のたつの
     を忘れさせてくれます。
     ここでコーヒーを飲んでオーナーと色々と話しているうちに「夢助アートサロン構想」
     出てきました。

     つくしが丘03

つくしが丘カフェのオーナさん
 
    元デザイン関係の仕事で独自の色彩心理学の研究をされていた松崎オーナーは、
    「つくしが丘カフェ」を地域のささやかなアート発信拠点にしようと考えて、
    私と二人三脚で「夢助アートサロン」を開設しました。
    小さなカフェの小さなアートサロンで、隔週火曜日に水彩画や野菜版画教室を開き、
    私、yumesukeが直接指導しています。
    ほかにも新たなサロンの企画も温めていて、きっと楽しい地域文化スポットになるでしょう。

    つくしが丘04
    
    ティータイムはオーナーの入れたての美味しいコーヒーとオーナー夫人が作るシフォンケーキ
    がついて、アートの話に花が咲きます。
    おそらく日本一小さなカルチャーセンターで、日本一素敵なアートサロンではないかと思います。
    アートサロン仲間にご関心のある方は、つくしが丘カフェにご連絡ください。
    ご一緒にアートを楽しみましょう。(写真はアートサロンで水彩画を楽しむお仲間達です。)
    ※次回の夢助ブログはアート仲間の作品発表です。お楽しみに。

     つくしが丘05

つくしが丘カフェ 夢助アートサロン
    柏市つくしが丘1-12-12 (☎ 04-7199-8181 担当 松崎秀夫)
    東武線新柏駅から徒歩5分
    
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。