夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳
近作野菜版画

守谷のタケノコ

毎年、お隣さんから茨城県守谷で採れたタケノコを頂きます。
今朝、掘ったばかりという太い根っこに土がついた健康優良児のタケノコです。
タケノコの版画は「江戸野菜・目黒のタケノコ」等、5、6枚も制作していますが、
スーパーのタケノコと違って、伸びやかで土の香りが漂い、何回彫っても新鮮で
面白い。ここ数年、我が家のゴールデンウィークはタケノコのスケッチ、版画の制作
それが終わると冷蔵庫一杯のタケノコ料理が食卓に連日のように続きますね,,,,,,。

     タケノコ図02

サクランボ実る頃

昨日,摺り上がったばかりのアメリカンチェリー
日本のサクランボは小粒で可愛らしい感じですが、さすがお国柄、メイドインUSAの
サクランボはでっかくて赤ワインのような派手な色彩。採れる国によって随分違いますね。
サクランボの版画浜口陽三の銅板版画の作品が有名ですが、何とか違う描き方をしようと
思いますが、所詮、相手はサクランボ、どうしても似てしまいます。(と少々、弁解,,,,,。) 


cherry

(あとがき)
毎年6月に開催される東葛文化祭に前回のブログで紹介した「K夫人像」「少女の剣士」
の人物版画2点を出品しました。
お客さんの反応は如何に? と思いますが、ほとんどお客様が見えずガラガラ、居るのは
関係者だけ。反応もご意見もなく、まったく気が抜ける展覧会です。
yumesuke

スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。