夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳 おいしさの科学
夢助版画帳
 
夢助の野菜の水彩イラスト
「おいしさの科学」 創刊号 さまざまなネバリ食の挿絵に登場

飽食の時代と言われて久しく,,,,,,,、
私もついに健康診断でメタボリック予備軍と宣告され,,,,,,,、
近頃はお米や野菜など食生活には細心の注意を払うようになりました。
まして野菜版画を売りにしているので、腹ポコじゃイメージが悪いし,,,,,,,,。

そんな時、科学系出版社の株式会社 エヌ・ティー・エスから新たに出版された
「おいしさの科学」
特集・ねばり食ネバネバ系の野菜イラストの依頼が舞い込みました。
納豆,オクラ、じゅんさい、モロヘイヤ、長芋、昆布などいずれも大好物な食品なので
二つ返事でお引き受けして水彩イラストにしました。
挿絵は初体験ですが描いた絵が文章と合っているか興味津々でした。


料理のレシピ,野菜本は色々と出版されて、いまや健康ブームで野菜は最も注目されていますが、
おいしさを科学の目で捉えるのは、なかなかユニークな試みではないでしょうか?

イラストを描きながら執筆者の津久井学先生の「さまざまなネバリ食」を読んでみると、
「ウーン、なるほど! そーだったんだ!」と納得します。
お陰で淡白で飽きっぽい性格の私も、近頃、ネバネバと納豆みたいな粘りが出てきたような
気がします。料理学校の先生、食品会社の研究員、栄養管理士、そして主婦の方々に
誠に美味しい本で、是非お勧めの一冊です。(何だか週刊ブックレビューみたくなったかな?)
                                           


             おいしさの科学カバー


  おいしさの科学0102 
  
おいしさの科学0304

おいしさの科学0506


さあ、あなたもネバネバ系野菜で夏の疲れを取って粘り抜きましょう(yumesuke)






スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。