夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳 吉田堅治 生命(いのち)展
夢助版画帳
吉田堅治 生命(いのち)展

   吉田堅治05

   吉田堅治03

本日、柏高島屋ステーションモール8階の柏市民ギャラリーにて、
吉田堅治「生命(いのち)展」がオープンしました。
私達の市民団体アート・ウォークかしわと柏市の共催によるアート展です。
40年以上パリに住んだ魂のアーチスト、吉田堅治(1924~2009) の作品60点を展示
します。
吉田は特攻隊の生き残りとして、生と死を見つめ続け、「生命(LA VIE) 」をテーマ
とした作品を描き続けました。
日本伝統の金箔・銀箔を油絵に取り入れた手法は大きな反響を呼び、存命中の画家と
して初めて大英博物館で個展を開きました。
また、英国の大聖堂やパリのユネスコ本部で個展を行なったり、一昨年、NHK総合
テレビで紹介されるなど、その作品は世界的に高く評価されています。
柏市民ギャラリーは程よい広さで、作品点数も60点で、とても見やすいギャラリー
です。
抽象画ですが、そのフォルム、色彩は日本の紋章のような大胆な構成で、田中一光、
亀倉雄策のグラフィックデザインに相通じる世界です。
是非、ご高覧ください。
私は、4/16(火)午後 4/18(木)午後 4/20(土)午前 4/21(日)午後は会場に居る
予定です。 
   吉田堅治02

吉田堅治「生命(いのち)」展
■会 期: 2013年4月14日(日)~4月21日(日)午前10時から午後8時まで
      (初日は午後1時より、最終日は午後5時まで)■会 場: 柏市民ギャラリー(柏髙島屋ステーションモールS館8F)
■主 催: 吉田堅治展実行委員会(柏市+アート・ウォークかしわの共催)
■後 援: 松戸市、流山市、我孫子市、野田市、柏市教育委員会
■協 力: 柏タカシマヤ、ラーソン・ジュール・ニッポン㈱、ギャラリーヌーベル
■入場料: 500円
■コーディネーター: 鈴木昇(アート・ウォークかしわ代表)
■問合せ先:アート・ウォークかしわ 吉田堅治展実行委員会
  〒277-0852 千葉県柏市旭町4-7-1
Tel: 04-7146-6800 Fax: 04-7146-3196
Mail: g-nouvelle@nifty.com

   吉田堅治01


スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。