夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助日記 あい菜市 
野菜の縁結び
あい菜市 あい菜おじさん、頑張る!


ASA朝日新聞サービスアンカー伸光堂の石川代表は
昨年、或る展覧会の協賛のお願いに伺って以来、親しくお付合い頂いています。
石川代表は、定期的に野菜市を開催して、その収益をすべて社会事業に寄付すると
いう夢を思い描いていました。

一方、野菜版画で日頃、野菜や野菜農家のお世話になっている版画師・夢助は、
石川代表のこの構想に賛同して、ボランティアでサポーターをすることになり、
シンボルマーク、ネーミング、フラッグのデザインのご提案をさせて頂きました。
野菜を提供して頂く野菜農家も増尾の小川農園さんはじめ、主旨にご賛同頂いた農家
が参加してくれ、その数はこれから増えて行く予定です。

11月17日の日曜日の早朝、好天気に恵まれ、第1回あい菜市
増尾のASA販売店で開催されました。

私のデザインした「あい菜市」の幟がはためき、
女性ボランティァ手作りの会場に、泥付きネギ、柏名物のカブ、小松菜、ダイコン、など
季節の野菜がずらりと並びました。

揃いのハッピ姿も勇ましく、懸命に売り子をやった結果、1時間半でほぼ完売して、
第1回「あい菜市」は目出たくスタートし、泥付きネギは
あっという間に完売し、好調な滑り出しです。

朝市のネーミングは「あい菜市」(愛+野菜+市)で、
揃いのハッピを着た売り子のおじさんは「あい菜おじさん」
そして私は「あい菜市応援団」という訳です。
これから春にかけて毎月一回、第3日曜日開催の「あい菜市」が発展して、
地元にしっかりと定着し、少しづつ地域に貢献できるよう応援し続けたい
と思っています。
(yumesuke)

あい菜市001
あい菜市シンボルマークの幟旗

あい菜市002
あい菜おじさん 仕掛人の三人組

あい菜市003
あい菜市応援団のわたくし夢助

あい菜市004
あい菜市 会場風景
あい菜市007
女性ボランティア手描きのPOPです

あい菜市006
女性ボランティアの手作り野菜市の光景 ドリップコーヒーのサービス付きでした!

あい菜市005
あい菜市 売上げNO1 はこの泥付きネギでした
続きを読む
スポンサーサイト


プロフィール

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。