夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助日記 4億年、昆虫との手紙展
4億年、昆虫との手紙展。

・科学技術館 春休み特別展「4億年、昆虫との手紙展」 

・3/20(木)→4/6(日)

 このフィギァは、昆虫少年Sクン+虫メガネ少年Mクンです。


          昆虫少年03

          昆虫少年S04jpg

          虫メガネ少年

この1週間程、本郷のスタジオの地下室に籠って、
昆虫少年Sクンと虫メガネ少年Mクンのフィギァを
黙々と作っていて、昨晩やっと完成しました。
(ウーン、寒くて肩が凝って、どっと疲れた,,,,,,。)


昆虫少年Sのモデルは、北海道大学名誉教授で東北大学教授、下村政嗣先生で、
昆虫バイオミメティクスの第一人者。

虫メガネ少年Mのモデルは、電子顕微鏡技術学会名誉理事長の宮澤七郎先生です。

お二人とも少年時代には昆虫採集に夢中になっていたのだろうナ、と想像しながら作りました。
お二人の先生が監修する、

科学技術館2014年春休み特別展
「4億年、昆虫との手紙展」 3/20(木)→4/6(日) 

http://www.jsf.or.jp/info/2014/04/post_771.php

この展示デザインに関わって作った昆虫少年フィギァは、展示会場の昆虫の森の中に展示されます。

難しいバイオミメティクス技術の成果を、子供達にわかりやすく説明するために、
昆虫少年Sと虫メガネ少年Mが、昆虫の森に子供達を招き入れる,,,,,,という会場構成にしました。

トンボ、蜂、チョウチョ、アメンボウなどの知恵を、製品開発に生かした事例を紹介したり、

電子顕微鏡で昆虫世界を覗いたり、昆虫ワークショップ、切り紙による昆虫づくりなど、
展示、ワークショップ、講演会を通して、昆虫の森で遊びながら昆虫の知恵を学ぼう、
というユニークな催事です。


柏在住の昆虫切り紙作家の鍋嶋通弘さんのホンモノそっくりの昆虫の「切り紙体験教室」
なべさんの切り紙創造堂
http://nabesankirigami.blogspot.jp/


イラストレーター北浦朋惠さんの楽しい「昆虫戯画」展示、
私も「夢助の昆虫版画」でワークショップ体験教室に登場します。

春休みの一日、是非、科学技術館に遊びに来てください!(yumesuke)
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。