夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助 旅の絵日記
夢助旅日記
秩父夜祭の旅


彩の國(武蔵之国)は鯔背(いなせ)で奥深い,,,,,,,,,,,

ちょっと古い話ですが、師走初旬に西武鉄道に揺られて「秩父夜祭」を見てきました。
3年前、夜行バスのツアーで見に行った時は,もの凄い豪雨に見舞われ、山車も花火も
まったく散々だったので、どうしてももう一度行きたかった!


で、今年の秩父夜祭は最高でした。
昼過ぎには秩父に着いて,秩父神社にも参拝、黄昏れ時にマチナカでしだいに盛り上がってくる、
夜祭り太鼓の音に胸をときめかせつつ、地酒武甲で気分を高めて,早くからいい場所を確保して、
今や遅しと山車の出番を待ち続けておりました。

高鳴る太鼓の響き、光り輝く各町会の派手な山車、粋なハッピと白い鉢巻きの男衆、
髪をきりっと結い上げ真赤な口紅の色っぽいハッピのお姐さん達,,,,,,,。
日本三大曳山祭と呼ばれる高山祭(岐阜県高山市)、祇園祭(京都府)と秩父夜祭( 埼玉県秩父市)
ですが、秩父夜祭りが一番男っぽく、鯔背(いなせ)で好きですね。

夜遅く迄、しっかりと秩父夜祭を堪能して,翌日は西武線で川越へ行き、
久し振りに川越の町並みを楽しんできました。
武蔵之国,彩の国、埼玉県は無骨ながら、なかなか鯔背(いなせ)で粋な古郷ですね。

秩父夜祭002
秩父神社裏通りで

秩父夜祭001
只今,山車準備中

秩父夜祭003
まずは地酒武甲で景気付け,,,,,,,

秩父夜祭004
エイサエイサ トコトコトコトントンと太鼓

秩父夜祭007
これぞ,秩父夜祭り!!

秩父夜祭005
目の前を山車が行く,,,,,

川越002
川越のカフェで

川越003
川越といえばこの火の見櫓です

スポンサーサイト


プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。