FC2ブログ
夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳 第2回鳴子こけし現代アート展
夢助版画帳 第2回鳴子こけし現代アート展

● ゲイツインギャラリー宇
常磐線(千代田線)で江戸川の鉄橋を渡り、河川敷のゴルフ場を眺めつつ、
遥か遠くに筑波山が見えてくると、そこは旧水戸街道宿場の松戸です。
水戸藩最後の殿様、徳川昭武の別荘戸定邸があり、旧水戸街道は
今も昔の面影をとどめています。

その旧道沿いに洒落たギャラリー「宇」がありますが、正式名称は
「ゲイツインギャラリー宇」と称し、東葛飾地区では名の知れたギャラリー
で多くの作家、アーチストを世に送り出しています。
因みに「ゲイツイン」というのは松戸駅前のビジネスホテルで、
このオーナーは「関宿」という昔から有名なお蕎麦屋さんや、
講談の寄席の席主でもあり、知的文化の発信元になっています。
いわば松戸のアートパトロネージュの先駆けであります。


       鳴子コケシ案内

● 版画家大野隆司さん
可愛いネコの版画や童話本のイラストで有名な大野隆司さんは柏在住の
版画家。版画だけではなくアートプロデューサーとして様々な分野に
挑戦し、若いアーチスト達のよき兄貴分です。

この大野隆司プロデュース「第2回 鳴子こけし現代アート展」に初参加
しました。
会場となるギャラリー宇の搬入日は、なんと140名もの作家、デザイナー、
アーチストが集まり、一人2,3体のコケシ作品を展示したので、ざっと500体の
コケシが会場に溢れて満員御礼状態でした。

頑張れ東北、頑張れ鳴子と言う訳で、私も「故郷・ふるさと」と題したコケシアート
を出品しました。


      鳴子コケシ作品

●忘れ難きふるさと 頑張れ東北!!
小鮒釣りしかの川、トンボ追いしあの山,,,,,,,,ということで地震があっても
津波が来ても、セシウムで汚染されても、故郷は懐かしく忘れ難し,,,,,,,と、心をこめて
ささやかな東北応援です。
東京からはちと遠い松戸のギャラリー宇ですが、多くのコケシさんが
お迎えしますので是非見にきてください。
(yumeuke)

        鳴子コケシ04

        鳴子コケシ02

● 第2回鳴子こけし現代アート展 ゲイツインギャラリー宇
   10/4~10/16(10/10は休館日 松戸駅西口徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumesukehanga.blog117.fc2.com/tb.php/124-f53c190f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。