FC2ブログ
夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳 手賀沼野菜
夢助版画帳 新春編
手賀沼野菜版画


師走から寒い日が続いていますが、お元気でしょうか?
夢助はこの寒さで気管支炎をこじらして、まったく元気がありません。
もうひと月半もゴホンゴホンやっています。
心身共にグロッキーで、やっぱし冬は冬眠だなあ,,,,,と。
ミノムシが羨ましい。


昨年末、我孫子で川瀬巴水木版画展の時に版画のステージがあり、
我孫子、手賀沼に相応しい野菜として落花生、里芋を彫ってみましたが、
イマイチ、摺りがうまく行かず、改めて摺りなおしてみました。

野菜が地味だと版画も地味だね,,,,,,。
野菜の新鮮感がないなあ,,,,,,。
まあ、冬だし、体調もイマイチだし,,,,,,。
と、弁解しつつも見て頂ければ幸いです。
早く、暖かくならんかのう,,,,,,。
 (yumesuke)


里芋aa

落花生aa
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

私も年齢を増すごとにガタがきています。
しかし、残された時間は受け身の時を過ごすのではなくクリェィティブに生きたいと思っています。
寒さに関してはあらかじめ12月もバイクに乗りつづけて寒風に体を慣らしていますから今の厳冬期でもなんとかやり過ごせています。でもあったかいお風呂は気持ちいいですよね。

こうして夢助さんの版画を見ていると、1枚描くのにすごい気力と手間がいりそうですね。

私なんかデジタル画に入ってからは気力が必要なくなって、むしろ量産体制です。
利点としては微妙な色の調整が修正を含めてしやすいし、レイヤー分けにより、色の順序と管理も可能です。
めんどくささから開放されて、今では普通の色彩に物足りなくなり、新しくカラーリングを施したしたイメージ画になってきています。
万が一、病気で入院したとしても続行可能です。それに発表の場も基本はネット上ときていますから。欠点といえば、現実の被写体からの描写力が衰えてきたいる感がしていますが。もともとが怠け者なのでPCツールは願ってもない画材だと思っています。

この動物イラストを描くきっかけとなったのもブログ上で知り合った人に刺激を受けたのが始まりなんですよね。
facebookでも感性の優れた若い女性のグラフィックアーティストや、すこぶるセンスある外国の別荘を手がけている建築家とも知り合いになれました。
世の中は広いです。今までだったら本を見るだけで意見交換なんてできませんでしたから。

これからも優れた人たちに刺激を受けながらバシバシ描いて行こうと思ってはみますが、未来はどうなるかは
わかりません。
では、夢助さん、根本的に咳を沈めてから活動に入って行くことをおすすめします。
お大事に。

[2012/01/15 21:31] URL | エカキニスト #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumesukehanga.blog117.fc2.com/tb.php/133-cf182010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。