FC2ブログ
夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳
夢助版画帳 
アート・ウォーク かしわ 大正新版画展終了


●アート・ウォーク かしわ 秋山市長を囲んで全員集合!!
市長を囲んで集合写真

雨、晴、豪雨、竜巻で、黄金週間はまったく天気には恵まれず、最悪でしたね。
桜が散り、欅並木が新緑に染まる頃は、爽やかな五月の風を感じないとね,,,,,,,,,,,。

寒さ続きの2月の或る日、市民団体 アート・ウォーク かしわ の鈴木昇代表から声が掛かり、
そのメンバーになったのが事の始まり。以後、5月7日迄の2ヶ月間、柏高島屋+柏市民ギャラリーで
開催された「浮世絵ルネッサンス 大正新版画展」にどっぽりと浸かってしまいました。

軽い気持ちで会場での版画体験会をお引き受けしたのですが、気がつけば図録(展覧会作品集)の
編集から、会場当番まであれやこれやと引き受けていました。(人がいいと言うか、優柔不断と
言うか、意志薄弱と言うか,,,,,,,。)

版画体験01

さて、私のステージは、5月5日(土)子供の日に、「親子で楽しむ木版画」体験会でした。
伊東深水、川瀬巴水、橋口五葉など、そうそうたる版画作品に囲まれた会場の一角、浮世絵の
版画摺り師の実演もあった場所で,不肖、夢助・トウガラシ版画の摺り体験をやりました。

版画体験05

版画体験11

この日は天気もよく、会場はお年寄りから女子高校生達や子供連れのお母さんも見えて、
始まる前から満員御礼状態。
鈴木昇プロデューサーの軽妙な司会に気分も和らぎ、90分間、あっという間の版画体験
でしたが、参加された皆さんはとても楽しそうでした。
版画って面白いね!! との声もあり、版画教室に入りたいという人も出てきて、とても嬉しい
反応です。
この展覧会に連日、会場に来て熱心に版画を勉強していたのが、松戸高校芸術科の生徒達で、
体験会も楽しそうにトウガラシ版画を摺ってくれました。
いまどき、こんな純な高校生が居たのか、と思う程で、将来この中の一人でも,木版画をやって
頂ければ、体験会をやった甲斐があったというものです。
その高校生の感想文が送られてきたのでご紹介します。

県立松戸高校芸術科の一年生の感想文

版画体験02

今まで、私が知っていた版画とはまったく違うものばかりで、新鮮でおもしろかった!
ドキドキして、ずっと熱く興奮してました。
こんな素晴らしいものを何回も見られ、幸せな数日間でした。
ぜひ、私のような、その程度の知識しかない若い人に沢山見てほしいと感じました。
ただ残念に思ったのは、イスが少ないかな、ということだけです。(ご免なさいね。)
1m以上離れて見ろ、などの決まりがなく、じっくりと見られて楽しかったです。
学校でとても疲れていても、版画を見たら興奮して一瞬で元気になりました。
来ることができて、やさしい皆様と出会うことができて、ほんとうに良かったと、
心から思いました。

版画体験12

版画がこんなに細かくてきれいに出来ているなんて思っていなかったので、とても
面白く見れました。
今まで人物画は、あまり好きではなかったのですが、版画でこんなに細かい風景画が描ける
ことにとても感動しました。

帰る途中、ゲームセンターの前で騒いでいる若い人達を見た時、
「ああ、この人たちは人生の半分ぐらい損しているな、絶対。」と思うぐらい素晴らしかったです。
今回はこのような展覧会を催していただき、ありがとうございました。
また、機会があれば版画に関わっていきたいと思います。

(あとがき)
てな訳で、無事展覧会も終了して、今は頭の中がカラッポ状態です。
柏市柏高島屋さん、鈴木昇代表はじめアートウォークかしわの皆さんには本当にお世話になりました。骨休めに来週はスケッチブック片手にぶらりと房総の旅・夢助散歩でも楽しんでくるかな,,,。

(yumesuke)

※ 写真提供 アート・ウォーク かしわ会員 佐々木哲明氏



スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

夢助さん、なごやかですね~、高校生も素直そうだし、ひねた専門学校生や大学生より教えがいがありますね。

>>帰る途中、ゲームセンターの前で騒いでいる若い人達を見た時、
「ああ、この人たちは人生の半分ぐらい損しているな、絶対。」と思うぐらい素晴らしかったです。<<

というコメント、自分に置き換えたらそのままです。
人生の半分をケイバや麻雀で実際、損をだしていましたからね。
それをさとしたという夢助さんのチカラは恐れ入ります。

そのバカな私もよーーやく、それに気付いて1年前から絵を描くことに精進しはじめました。
絵や版画を表現するというのは、描いている中でしか得ることのできない、「創造性」に出逢ったようなキモチがしています。与えられた条件下の中での創造とは全く異なります。

その結果として夢助さんは実際の教室で、私はfbの中で、応援や暖かい人に支えられているという環境がもの凄く励みになっています。むしろ組織や会社にいた時の方が、ケチをつける人ばかりで孤独感が強かったのかもしれません。

ということで、今後は 応援してくれる人のつながりを大切に、絵は結果としてカッコいいとかスタイリッシュという見え方をするかもしれませんが、自分が捉えた「心の奥」にまでたどり着けるような
表現を目指していきます。

後でこのブログの告知をfb乃村Gに投稿してみます。
[2012/05/11 15:17] URL | #- [ 編集 ]

ありがとう
鏡味さん、いつもブログ応援してくれてありがとう。
fbで紹介していないのは、いやじゃなくて、単に載せ方が判らないだけ。
これから研究してボチボチ載せて行きます。
[2012/05/11 21:29] URL | yuuusuke #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumesukehanga.blog117.fc2.com/tb.php/142-ffcaf8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。