FC2ブログ
夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助版画帳 剪紙を版画に
夢助版画帳
剪紙(せんし)を版画に。

         
        ブログ版「つくしが丘cafe 夢助アートサロン 剪紙の版画展」

「剪紙」という言葉は聞き慣れない言葉ですが、日本で言うと「切り絵」という感じです。
中国の黄土高原に古くから伝わる切り絵の伝統的工芸技術で、現在も脈々とその習慣は
受け継がれています。 

5月に聖徳大学観光文化学科の大井剛先生が司会をされた日中芸術協会のセミナーに
参加しましたが、その時の講師は中国民間美術の研究者の三山陵先生(大東文化大学講師)でした。
中国版画が専門の三山陵先生ですが、その時に年画や剪紙についてのレクチャーがありました。
私は、今は廃刊になった文化出版局の「季刊銀花」の愛読者で、その第160号に
「中国・黄土高原に花咲く剪紙」というタイトルで28頁にわたり「剪紙」についての特集があり、
著者は丹羽朋子さんで、数年間中国に滞在して剪紙を研究された方でした。

剪紙、年画に惹かれてセミナーに参加した次第で、大変内容の濃いお話でした。
その会場で三山先生に紹介されたのが、偶然にも季刊銀花の剪紙特集を書かれた丹羽朋子さんで、
他にも剪紙の書籍を紹介して頂きました。
その後、大学図書館で剪紙、年画関係の書籍を調べているうちにますますのめり込み、
ついには剪紙を版画で表現してみたくなりました。

そして6月、私の版画教室「つくしが丘カフェ夢助アートサロン」の生徒さん達に剪紙版画に
挑戦してもらいました。
絵柄は干支から農村生活まで色々とありますが、自分の好きなテーマを選んで剪紙を版画に
しましたが、楽しそうに彫っていたのでいい作品ができました。
本日紹介する剪紙版画6点は、その成果の一端です。
これからも色々なテーマで剪紙版画に挑戦して、年賀状も是非剪紙でと思っています。
来年には「木版画と剪紙」の展覧会ができればと密かに目論んでいます。(yumesuke)

(あとがき)
      剪紙の版画 小さな作品展
新柏 つくしが丘cafe 8月14日〜9月15日 開催してます。
〒277-0072 柏市つくしが丘1-12-12 つくしが丘cafe
・問合せ つくしが丘cafe (担当 松崎秀夫) 定休日 毎週火曜日
・電話 04-7199-8181   
          




           平塚剪紙作品
                   平塚由枝作品

           関千世子剪紙
                   関千世子作品

           渡辺剪紙作品
                   渡辺光男作品

           浜田万里子作品のコピー
                   浜田万里子作品

           江沢剪紙
                   江沢芳江作品




スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumesukehanga.blog117.fc2.com/tb.php/148-8f3d3b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。