FC2ブログ
夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助日記50歩100歩
夢助日記50歩100歩

思うこと。

年のせいでしょうか、感動すると妙に涙もろくなっちゃって,,,,,,,。
ロンドンオリンピックの中継見てると、我が日本選手の活躍に、
思わずグッと胸にくるシーンが多いですね。
夜も寝ないで応援した甲斐がありました。

鈴木聡美
(感動! 鈴木聡美選手 http://www.google.co.jp )

蒸し暑さにも、寝不足にもめげず、テレビの前に鎮座しての応援に
選手達は力いっぱい応えてくれましたね。
4年間準備怠り無く、そして国内の厳しい予選を勝ち抜き、辿り着いた本番の舞台で
存分に実力を発揮してメダルを獲得した、若いアスリート達に心から祝福です。

勝って奢らず、応援してくれた人達に感謝して、災害地の方々に元気を与え、
応援に来た夫や母親の首にメダルをかけて感謝し、オリンピックを楽しみながら
戦った、今時のワカモノ(特に女子組)の素晴らしさを存分に見せてくれました。
金も銀も銅メダルも紙一重、ニッポンは惜しくも銅メダルというのが多かったのですが、
メダルの色なんて関係ないと思う選手達の健闘でした。

国内に目を向ければ、政治の迷走、いじめの問題、原発問題等々、問題山積ですが、
この2週間は夢と希望と感動をたっぷり頂きました。
明日は終戦記念日、じっくり我が人生を反省しつつ頭の中を整理しようか,,,,,,,,。
なんて思っています。

柏駅東口
  (日本で一番新しい、JR柏駅東口ペデストリアンデッキ)

話は変わりますが、
今年、柏の玄関口である柏駅東口のペデストリアンデッキがリニューアルしました。
40年前に日本最初のペデストリアンデッキとして大いに話題になり、そこに
そごうデパートができて、柏駅西口には高島屋も進出しました。
日本で最初のペデストリアンデッキはあれから40年も経ち、今や日本で一番古い
ペデストリアンデッキとなり果て、暗く汚なくみすぼらしくなってしまいました。

これがやっと今年、リニューアルして俄然、明るくてモダーンになりましたが、
今度は、これとつながるJR柏駅の時代遅れの旧態依然な姿や、そごうデパートの
古びた建築が、やけにみすぼらしく見えてきました。
街づくりは点だけではなく、面につながって開発しないといけませんね。

昨年、柏レイソルが優勝しました。
柏駅西口広場に8,000人のファンが詰めかけて優勝報告会があり、私も参加して
感動で涙しました。
その後、レイソルスタジアムはサポーター席を増設する大改修を行い、優勝記念の
シチズンゲートも作り、サポーターの数も倍増して、今迄無かった国際試合も増えました。
強くなって、優勝して、優勝賞金がドカッと入り、入場者が増え、売上が増え、
柏の知名度が上がり,,,,,,,,と、いいことづくめで、これが堺屋太一先生の言う
「イベントによる経済の善循環」というやつかなと思う次第です。

私の関心事は年金や原発はともかく、終の住処となるであろう柏のミライで、
今の緑多く快適な柏の住環境は、とても気に入っています。
近年、つくばEXの開通によって新たな街づくりで公園、SC、大学などが出来て、
新住民も増えて遂には人口40万人を突破しました。
まあ、悦ばしいことですが、よく考えると柏の中心街には美術館も博物館もありませんし、
映画館すらありません。
(映画館は昨年迄はあった。美術館は沼南の市役所分室に砂川コレクション展示室+資料室が
あるけどほとんど人は行かない。)

徳川時代は旧水戸街道の宿場で、牧場、農地があり、利根川、手賀沼の水利、湧水の多さは
ウイスキーを生み出し、柏駅西口はゴルフ場、競馬場があって賑わったようです。
高度成長期には東京のベットタウンとして次第に大きくなり、私も40年前に柏に住まいを
求めましたが、仕事にかまけて家には寝に帰るという生活でした。

気がつけば柏レイソルは別にして、地域の文化、アート、観光の「楽しみの経済学」を
置き忘れて大きくなってしまったという感じがします。
現在は商店街を中心にアートラインイベントや柏ファッションに力を注いでいますが、
知名度アップにはもう一歩かな? という感じです。

我が余生のささやかな役割は、柏にアートを、柏にアートの拠点を、柏にアートの人材を
育てることではないかな、と思うこの頃です。
柏の文化施設、公園、商業施設をうまくリンクして、柏のアートの交流拠点を作り、
アートの情報発信をしながら、柏に新たな「物語」をつくりたいと思っています。
よーく虫メガネで観察すると、柏には「物語」が生まれる「点」がたくさんあります。
その点を線でつなげ面にしていけば、「物語」が生まれますよね!!

そのささやかな夢の実現に向けて、昨年、市民団体アート・ウォークかしわのメンバーとなり、
7月に難関突破して? かしわ市民大学に入学して、地域プロデュースのお勉強を始めました。
多くの人と交わり、一杯やっているうちに、夢が形になってくるのではないかと思う訳です。

AWかしわマーク
     (アート・ウオークかしわのシンボルマーク)

DSCN9515.jpg
    (5月5日 柏高島屋でのアート体験教室)

(あとがき)
終戦記念日に心静かに反省して思う夢にしちゃ、あんまり反省していないなあ、と我ながら
思う訳ですが、これもオリンピックのワカモノに感動と勇気を貰ったことだし、
戦中派としては、ふるさと柏に最後のご奉公で、「夢を形に」です。(どっかで聞いたセリフだね。)
(yumesuke)

スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumesukehanga.blog117.fc2.com/tb.php/149-450aae75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumesuke

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。