夢助版画帳~版画でつづる絵日記

人生は遊びにあり。 江戸野菜を中心とした版画制作、 地方の美術館巡り、旅のスケッチなどなど。
時々、個展を開催していますのでそのお知らせも。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢助 旅の絵日記
夢助旅日記
秩父夜祭の旅


彩の國(武蔵之国)は鯔背(いなせ)で奥深い,,,,,,,,,,,

ちょっと古い話ですが、師走初旬に西武鉄道に揺られて「秩父夜祭」を見てきました。
3年前、夜行バスのツアーで見に行った時は,もの凄い豪雨に見舞われ、山車も花火も
まったく散々だったので、どうしてももう一度行きたかった!


で、今年の秩父夜祭は最高でした。
昼過ぎには秩父に着いて,秩父神社にも参拝、黄昏れ時にマチナカでしだいに盛り上がってくる、
夜祭り太鼓の音に胸をときめかせつつ、地酒武甲で気分を高めて,早くからいい場所を確保して、
今や遅しと山車の出番を待ち続けておりました。

高鳴る太鼓の響き、光り輝く各町会の派手な山車、粋なハッピと白い鉢巻きの男衆、
髪をきりっと結い上げ真赤な口紅の色っぽいハッピのお姐さん達,,,,,,,。
日本三大曳山祭と呼ばれる高山祭(岐阜県高山市)、祇園祭(京都府)と秩父夜祭( 埼玉県秩父市)
ですが、秩父夜祭りが一番男っぽく、鯔背(いなせ)で好きですね。

夜遅く迄、しっかりと秩父夜祭を堪能して,翌日は西武線で川越へ行き、
久し振りに川越の町並みを楽しんできました。
武蔵之国,彩の国、埼玉県は無骨ながら、なかなか鯔背(いなせ)で粋な古郷ですね。

秩父夜祭002
秩父神社裏通りで

秩父夜祭001
只今,山車準備中

秩父夜祭003
まずは地酒武甲で景気付け,,,,,,,

秩父夜祭004
エイサエイサ トコトコトコトントンと太鼓

秩父夜祭007
これぞ,秩父夜祭り!!

秩父夜祭005
目の前を山車が行く,,,,,

川越002
川越のカフェで

川越003
川越といえばこの火の見櫓です

夢助美術館 クジラの歌が聞こえますか?
夢助美術館 

光る鯨、丸の内を泳ぐ,,,,,,,

丸の内の東京ビル TOKIAガレリアの大空間に
竹ヒゴと和紙で作った「光る鯨」が登場しました。
青森ネブタと同じ手法で作り,鯨の胴体にLED点滅照明を
仕込みました。
私の隣の作品は,ご存知石井竜也さんのペガサスですが、
掛けた費用は負けますが,出来映えはい勝負でしょう。(笑)


1昨日、午前零時に現場に持ち込み展示したところ、
鯨クンは気持ち良さそうに大空間を浮遊しておりました。

この1週間、アトリエに閉じ籠り鯨づくりの大奮闘。
今回のライティングオブジェ2014は、いつものペンギン
シリーズに代えて、鯨ネブタにしましたが、さすが
1人じゃとても無理で、デザイナー井上靖子様(NTS)との
合作です。また鯨クンの輸送には、柏のアート仲間の
古谷遥生さんに協力して頂きました。
お二人に心より感謝申し上げます。

この鯨クンが、私の今年の最後のアート活動ですが、
それにしても今年は色々とやりすぎた,,,,,,。
カラダががたがだけど,何とか持ちこたえました。
野菜の版画だけシコシコとやっていた方が楽な人生
なんだけどな,,,,,,。

是非,見て頂ければ幸いです。
このライティングオブジェの作品はオークションです。
鯨クン,材料費は1万円くらいだけど、1週間の制作費用
入れると希望価格100万円になっちゃうね。(笑)

手放したくないようにな気持ちですが、
どなたか落札してくれるかな?

LIGHTING OBJET 2014
丸の内東京ビルTOKIAガレリア
12月11日(木) 午後5時点灯式 →12月25日迄開催

150名のアーチスト、デザイナー、ミュージシャン、タレントさんが参加して
ライティングオブジェ作品を展示しています。(入場無料)


全長1,500mm 腹囲750mm 部屋のドアから出せるギリギリのサイズ

光る鯨005
アトリエでは大きかったけど,現場で展示すると意外に小さい

光る鯨001
白色LEDの点滅照明が幻想的

光る鯨777
ガレリアの大空間を浮遊するクジラクン

光る鯨555
気持ち良さそうに泳いでいた

光る鯨222
共同制作者の井上靖子さん(NTS)と輸送協力してれた柏の古谷遥生さんと一緒に記念撮影


夢助版画帳 ゲイジュツの秋 
GH作品展b

GH作品展i

芸術の秋のフィナーレは、
私が住む南柏のマンション中庭の洒落たアネックス(別館)の

「小さな作品展」です。
10年ほど前から、「小さな作品展」と銘打った1日だけの
美術展を開催しています。
恐らく日本一小さい,日本一開催期間の短い美術展でしょう。
住民の方々の水彩画・陶芸・木彫・版画・写真、そして木目込み人形、
編み物やアクセサリーなど女性らしい作品も,,,,,。
私も野菜版画のポストカードシリーズ、柏の広幡神宮の版画と
こけしの野菜家族を出品しました。

天気がいいと、芝生の上で紅茶を飲みながらのアート談義ですが、
本日は今にも降り出しそうな寒い天気だったので、
残念ながらギャラリーの中でのアート談義でした。

ここ数年間、私が提唱している「柏マチナカ美術館構想」の
一つの形がグリーンハウスの「小さな作品展」です。

11/16(日)にやる光ケ丘はなみずきの光の箱ワークショッブも
マチナカアートになりますね。

日曜日の午後、楽しい作品に囲まれて、アート談義に
花が咲きました。

2014*11*10 yumesike

GH作品展l

GH作品展c

GH作品展R

GH作品展f

GH作品展a


夢助美術館 いるるの秋展 食欲の秋
夢助個展のお知らせ
我孫子 いるるの秋展
食欲の秋


台風・洪水・噴火と地球の女神が怒り狂っていますが
皆様、お元気でしょうか?
我孫子の小さなギャラリー「いるる」で個展をすることになりました。
食欲の秋 と題して、気に入った野菜版画を20点ほど展示します。

いるるは,我孫子ゴルフ倶楽部に近い、閑静な住宅街にある
gallery で庭の白樺の木の下にモダーンな現代彫刻がある素敵なgalleryです。
オーナーの姫井容子さんのセレクションによる手作り作品の展示と
私の野菜版画シリーズの特集です。

柏は今、ARTLINE2014で賑わっていますが、ちょっと離れた
我孫子の小さなgalleryで,美味しいコーヒーでも頂きながら、
小さなアートを楽しむのもいいものです。

いるるの秋展

食欲の秋
夢助(松村潤之介)版画展

10月12日(日)→10月19日(日)
11:00am→5:00pm
〒277-1144 我孫子市東我孫子1-21-19
TEL:04-7184-3700


いるる展

     いるる展b

     エリンギ

稲穂唐辛子

     とうもろこし

(あとがき)
土,日曜日は会場におりますので、散策がてら遊びに来てください。(yumesuke)

夢助版画帳 ゲイジュツの秋 
芸術散歩 上野の杜

9月に入り、俄然、ゲイジュツ付いてきました。

上野の芸大美術館の「木版ぞめき」という版画展を
見に行きましたが、JR上野駅公園口から美術館へ
向かうと,太鼓と神輿を担ぐ人達の地鳴りのような
雄叫びが聞こえてきました。

上野の杜の魑魅魍魎かと、びっくりしましたが
これが東京芸術大学芸術祭の幕開けだそうで、
学生達が夏休みに作ったという、派手派手しい
山車神輿のパレード、担ぎ手の学生達も,
カッコいい揃いの法被姿!
さすが芸大生、山車のデザインはお見事の一言!

外人観光客もびっくりした顔していました。
何時の時代も、若者達のエネルギーは遊び心が
溢れているなあ!!

因に芸術祭の作品の展示は、大した収穫は
無かったけど模擬店とイベントは大変な賑わい!!
国立大学も武蔵美もここは一緒だね。

それにしても女子系が実に多いね、
アート、デザイン,ファッションの感性領域は、
男子系はどうもダメみたいだな,,,,,,,。
おまけに、仕事の方もパッとしないしね。

芸大祭010

芸大祭008

芸大祭007

芸大祭005



プロフィール

Author:yumesuke
夢助(yumesuke)

版画師

武蔵野美術大学グラッフィックデザイン科卒業。
乃村工藝社でデザイン、イベントプロデュースの仕事を35年。
退社後,つくば市在住の武井桂子先生に師事して、版画師を目指す。
野菜版画を得意として江戸東京博物館桜茶寮の開館にあたり江戸野菜版画を制作。
以後、葛飾区山本亭、千住宿プチテラスにて野菜版画の個展を開催。
現在、NHK文化センター、夢助アートサロンなどで版画指導を続けている。古民家を求めて、小さな旅、水彩画の旅を続ける。
柏市在住、柏レイソルの熱烈なサポーター。
夢助・yumesuke は大好きな竹久夢二にあやかって。



最新記事



最新コメント



リンク



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。